東京都 武蔵野市 JR 三鷹 三鷹駅 北口 内科 アレルギー アレルギー科 タワーズ内科 タワーズ内科クリニック 武蔵野タワーズ 徒歩2分 インフルエンザ 風邪 心臓 不整脈 高血圧 コレステロール 糖尿 糖尿病 喘息 アレルギー 神経 花粉症 片頭痛 頭痛 乳がん 乳癌 予防接種 健診 検診

インフルエンザ予防接種 - 4価ワクチンへグレードアップ!

10月頃から2月頃までに2,000人以上の方が当院でインフルエンザ予防接種を受けられます。

予約は不要です。

昨年からワクチンが3価から4価へと改良され、より効果的になりました!

つまり、一昨年までのワクチンはインフルエンザA型2種とB型1種の3種類のウイルスに対応していましたが、昨年からはA型2種、B型2種の計4種のウイルスに対応しています。

10月1日より、一般の方々へのインフルエンザ予防接種を行います。

接種に優先順位はありません。誰でも受けることができます。

一般の方々とは、65歳未満の方(どの住所にお住まいでも結構です)や、65歳以上でも自治体の助成を必要としない方です。

一回の料金は3,000円。当院で1回めの接種を行った方の2回目は2,000円です。(他院で1回目を行った方の2回目は当院での1回目とみなして3,000円です)

通常1回の接種で90%、2回の接種で95%の効果があります。

10月1日から、65歳以上の方で、武蔵野市・三鷹市・小金井市・練馬区・杉並区の市民の方は市の助成を受けることができます。市から届けられるお知らせをお持ちになってご来院ください。
その場合の料金(自己負担金)は、2,500円です。

60歳~65歳未満の方で、心臓病・腎臓病・呼吸器病をお持ちの方も市の助成が受けられます。詳しくは当院または武蔵野市 0422-51-0700にお尋ねください。

京都総合組合保健施設振興協会(東振協)にご加入の方も10月1日より接種いたします。
料金(自己負担金)は会社によって異なり、0~2,500円の間でお受けいたします。

特定健診(メタボ検診)

現在、国民医療費の3 割が生活習慣病で、死因別死亡率の6割が生活習慣病が原因となっています。不規則な生活習慣により肥満者が増加傾向にあり、その多くが糖尿病、高血圧、高脂血症の危険因子を併せ持ち、危険因子が重なるほど心疾患や脳血管疾患を発症する危険が増大しています。 そのため医療保険者にLinkIconメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した生活習慣病予防のための健診・保健指導を実施することが決定されました。
当院では、いつでも健康診査を受け付けております。国民健康保険が行うものと社会保険が行うものがありますが、内容は、以前の「武蔵野市の健診」と大きく変わりません。

予約は必要ありません。

また、健診を受けられた方には食事や運動の注意などをまとめた「健康ファイル」をお渡ししております。
武蔵野市の健診体制と内容はおそらく日本一であると思います。健診により病気を早期に発見して、健康な中高年生活を楽しみましょう!

入学・入社健診 企業健診

労働安全衛生法にもとづいた一般企業検診や個人の入学・入社の際に必要な健診を行っております。
現在、10社の企業様と健診契約を結んでおります。
基本的に検診は保険適応にはならず、自費でいただいております。

お見積もり:
各企業様に必要な健診実施内容(項目)によって、多少の値段の違いがありますので、お見積もりは個々の企業様とご相談させていただきますが、
定型的な法定健診(問診・内科診察・視力・聴力・身体計測・貧血・肝機能・脂質・血糖・尿検査・心電図・胸部レ線撮影)でお一人様 上限7,500円程度でお引き受けできます。詳しくは0422-50-1331へお問い合わせください。

健康の十箇条 Ten Golden Rules for Good Health:


Ten Golden Rules for Good Health:
(1) Have a checkup every year. (2) Be a non-smoker. (3) Drink in moderation. (4) Count each calorie. (5) Watch your cholesterol. (6) Learn nutritional values. (7) Find time for leisure and vacations. (8) Adjust to life's daily pressures. (9) Develop an exercise program. (10) Understand your physical assets and limitations.

健康のための10の黄金律
(1) 毎年健康診断を受ける。 (2) たばこは吸わない。 (3) アルコールはほどほどに。 (4) カロリー計算をする。 (5) コレステロールに気を付ける。 (6) 栄養価の知識を持つ。 (7) レジャーや休暇の時間を取る。 (8) 日々のプレッシャーに順応する。 (9) 運動プログラムを開発する。 (10) 自分の体の持てる力、限界を知る。